全16巻ついに完結
歴史を知る。民俗を語る。自然を映す。
市制施行百周年記念事業 時代の鼓動を伝える


刊行のことば
長野市長 鷲澤 正一  

 長野市は、明治30年(1897)に市制を施行し、平成9年(1997)に市制施行百周年を迎えました。
 『長野市誌』の編さん刊行は、この百周年記念事業の一つとしておこなわれたものであります。 平成9年に最初の4冊を発刊し、同年度に開催された長野オリンピック・パラリンピック冬季競技大会などとともに、市誌は百周年目の記念碑的な事業の一翼を担いました。
 『長野市誌』は、原始時代から今日にいたる市域における人びとの生活の展開を多角的に跡づけ、明日のまちづくりの道しるべともなりうることを目指す、全16巻からなる総合市誌であります。
 平成9年度以降、自然編(資料編とも2巻)、歴史編(資料編・年表とも10巻)、旧市町村史編(2巻)、民俗編(1巻)、総集編(1巻)を計画どおり着実に刊行してまいり、本年度はいよいよ完結の年を迎えました。 最後の今年は、既刊各編の総括的な位置づけとなる総集編と歴史編年表を刊行いたします。
 この第16巻歴史編年表は、既刊の歴史編9巻の記述内容をもとに、長野市域における各時代の歴史事象を中心とし、あわせて信濃国・長野県および日本・世界の重要事項をとりあげました。 その際、既刊各巻の記述を再検討して補正を加え、いっそう正確なものとすることを期しました。 また、記述や表記を分かりやすくし、参考資料にとどまらない「読める年表」とするよう努めました。
 この最終巻にいたるまで、児玉幸多先生にご監修をたまわり、調査研究、編集・執筆にあたられた皆様をはじめ、さまざまな方がたにご協力をいただきました。 多年にわたってご購読くださいました皆様も大きな支えでありました。 かえりみて大きな修史事業の完結に感銘を覚え、深く感謝を申し上げる次第であります。
   平成17年(2005)1月15日
限定本 全16巻揃 
第1巻
自然編
第2巻
歴史編 原始・古代・中世
第3巻
歴史編 近世T
第4巻
歴史編 近世U
第5巻
歴史編 近代T
第6巻
歴史編 近代U
第7巻
歴史編 現代
第8巻
旧市町村史編 旧上水内郡 旧上高井郡
第9巻
旧市町村史編 旧更級郡 旧埴科郡
第10巻
民俗編
第11巻
資料編 自然
第12巻
資料編 原始・古代・中世
第13巻
資料編 近世
第14巻
資料編 近現代
第15巻
総集編
第16巻
歴史編 年表
●分冊販売はいたしておりません。 発行 長野市
編集 長野市誌編さん委員会
販売 東京法令出版株式会社
 

長野市の花として
指定されているリンゴの花

☆読者からは発刊の喜びの声が届いております。

地域に住んでいても以外によく知らないことが多い。後世に残すために意義のある本が発行されてうれしい。一日も早く読みたいです。 歴史的価値のある有意義な出版はありがたい。子孫のために蔵書としたい。 50年余りここに居住している市民です。家宝として1セット備えます。 新幹線が開業し東京まで79分という今日、長野市の現在までの歴史を知り更に21世紀に向けて発展する長野市を子々孫々にまで伝えていきたい。長野市誌に期待します。

ご注文・お問合せ     〈本社〉 〒380−8688 長野市南千歳町1005
                         TEL 026(224)5413
                         FAX 026(224)5419

○お問合せは、最寄りの支社、営業所等もご利用ください。