関連分野   高等学校教科書/高校−商業教科書  

商業726
プログラミング
[新刊]

編著/監修
山口 和紀(東京大学大学院教授)
(ほか 6名)
体裁
B5判  310ページ
ISBN
ISBN978-4-8090-8095-1
C4363 \00000E
内容見本を見る

こちらは学校採用品です

特色

  • 応用性の高い「プログラミング的思考力」を育む
    本教科書では、プログラミングによって企業活動に貢献するための資質・能力を育成することを目標としています。この教科書では、多くの部分でマクロ言語を用いて解説をしていますが、マクロ言語に関する知識・技術を身につけることだけを目標とするのではなく、マクロ言語を題材としてプログラミングに関する一般的な資質・能力が身につくように配慮しています。
    そのために、いきなりマクロ言語のコーディングに関する説明をするのではなく、課題となっている場面の提示 → その課題をプログラミングで解決するための考え方の説明 → アルゴリズムの検討・流れ図の作成 → コーディングという順番で学習できるようにしています。
  • 具体的な場面設定
    この教科書では、全編を通して「総合スーパー」という舞台を設定しています。抽象的な場面ではなく、具体的な場面のなかで考えることができるようになっています。また、プログラミングに関する知識についても丁寧に解説しています。

著作者

  • 監修
    山口 和紀
    東京大学大学院教授
  • 執筆
    荒木 真彦
    千葉県立船橋高等技術専門校職業訓練指導員
    小城 翔平
    千葉県立一宮商業高等学校教諭
    西嶌 幸德
    千葉県立千葉商業高等学校教諭
    柳浦 茂行
    習志野市立習志野高等学校教頭
    吉岡 直彦
    千葉県立八街高等学校教頭
  • 編集協力
    浅井 智仁
    愛知県立岡崎商業高等学校教諭

目次

  • 第1章 情報システムの重要性
    • 第1節 情報システムとプログラム
      • 1 情報システムとプログラム
    • 第2節 情報システムの活用
      • 1 日常生活で利用される情報システム
      • 2 企業活動で利用される情報システム
  • 第2章 ハードウェアとソフトウェア
    • 第1節 ハードウェアの機能と動作
      • 1 コンピュータの構成要素
      • 2 コンピュータのデータ表現
      • 3 命令実行のしくみ
    • 第2節 ソフトウェアの体系と役割
      • 1 ソフトウェアの体系
      • 2 OSの役割
      • 3 アプリケーションソフトウェアの役割
  • 第3章 アルゴリズムの表現技法とデータ構造
    • 第1節 アルゴリズムの表現技法
      • 1 アルゴリズムの表現技法
    • 第2節 データ構造
      • 1 データ構造の分類
  • 第4章 手続き型言語のプログラミング
    • 第1節 プログラミングの手順
      • 1 表計算ソフトウェアのプログラミング機能
      • 2 プログラムの作成と実行
    • 第2節 データの入出力と演算
      • 1 変数と定数
      • 2 データの入出力と代入
      • 3 四則演算
    • 第3節 条件判定と繰り返し処理
      • 1 条件判定
      • 2 一定回数の繰り返し
      • 3 条件による繰り返し
      • 4 最大値と最小値
    • 第4節 配列の利用
      • 1 配列とは
      • 2 配列を利用した集計
      • 3 線形探索
      • 4 二分探索
      • 5 順位付け
      • 6 並べ替え
      • 7 多次元配列
  • 第5章 プログラムと情報システムの開発
    • 第1節 情報システム開発の手順と手法
      • 1 情報システム開発の手順
      • 2 情報システム開発の手法
    • 第2節 プロジェクト管理
      • 1 プロジェクト管理の意義
      • 2 プロジェクト管理の手法
  • 第6章 手続き型言語を用いた情報システムの開発
    • 第1節 情報システムの開発演習①
      • 1 売上集計システムの開発
    • 第2節 情報システムの開発演習②
      • 1 ワークシートを活用した情報システムの開発
  • 第7章 オブジェクト指向型言語のプログラミング
    • 第1節 オブジェクト指向型言語
      • 1 オブジェクト指向型言語の特徴
    • 第2節 UMLによる図解表現
      • 1 UMLによる図解表現
    • 第3節 オブジェクト指向型言語を使ったアプリ開発
      • 1 変数とデータの入出力
      • 2 演算
      • 3 条件判定
      • 4 繰り返し処理
      • 5 配列
      • 6 ファイルの利用

関連商品
模擬問題集 1級プログラミング編 (表紙)
A4判 232ページ
解答付(別冊)
845 円+税
模擬問題集 2級プログラミング編 (表紙)
A4判 208ページ
解答付(別冊)
791 円+税
アルゴリズム入門 (表紙)
B5判 200ページ
727 円+税
情報処理 (表紙)
前野 博(至学館大学教授)
(ほか 5名)
B5判 308ページ
ソフトウェア活用 (表紙)
植竹 朋文(専修大学教授)
(ほか 5名)
B5判 326ページ